【現実世界のカラクリ】(バシャール)

最近バシャールの動画をよくみます。
岩瀬アキラさんの翻訳がわかりやすくて好きです。
バシャールの生音声が聞けるのも良いです。

最近この感覚がますます強くなってきています。
それとともに今現実と言われている世界との乖離が激しい気がして、、、

岩瀬アキラ – AKIRA IWASE Official Channel

貴方はいつも「これは●●という『観念』です。」と言いますが、
「これは●●です。」と言い切らないのはなぜですか?

なぜなら、全ては「観念」だからです。全ては「意識の投影」だからです。物質的現実というものは存在しません。そう「思い込んでいる」だけです。それが理由です。そしてこれも「観念」です。

えーと

役に立ちましたか?

さらに混乱した気がしますけど、、、

科学者達ですら、物質的現実はいわゆる固定的な「物質」ではないと既に知っているのをあなたは知っていますか?
「現実」として見えているものはあなたが見ると「信じている」ものだと。
つまり、自分が信じているものを見て、体験する、と。
そして、物質的現実がとても固定的で現実的に見えているのはあなた方が単にそうだと「合意」しているからです。いわゆる「集合的観念」です。そして個人的にも、皆さんはそれに乗ることに「合意」したのです。しかし、それに対して現実世界の時空間で、柔軟性や流動性やワープするような感覚を体験し始めて「連続性」の縛りから解放されると物質的現実は、まさに「鏡」のような「投影」であることに気づき始めます。

あなたが「鏡」を見る時、そこに映るのは実際の人間ではないことはわかりますね。
ただ、それはリアルに物質的な人間に「見える」だけです。
物質的現実の世界は、まさにその「鏡」のようなものです。

あなたがある「観念」、つまりあなたが真実だと信じる「信念」がある時、
物質的現実はあなたにそれを「反映」します。

これは単なる「例え」ですが理解に役立つので想像してみてください。

あなたのハーやーセルフ(非物質)はあなたを囲む球体のようなものです。
そしてその球体の内側にプログラミングされているのが「投影の鏡」なのです。
「あなた」という物質的存在が真実だと「信じる」ことがその球体の内側に反射して
「あなた」に返ってくるのです。

あたかもそれが、固定的で「ホンモノ」であるかのように見せるために。

だからこそ、あなたはそれを「現実」として体験できるのです。もしそれが「ホンモノ」に見えず、「観念」以上に見えなければあなたはそもそも「物質的現実」を体験することができません。それは単なる「幻想」だと見破ってしまいます。そしてそれが、まさに皆さんが今その知識と活かし方を学んでいることです。しかし何れにしても、それはあなたが自ら作り出したものなのです。現実世界の中で、しっかりと物質的な体験ができるようにするために。その過程で、いちいち自分がそれを作っているという概念に気を取られないように。

伝わりましたか?

はい、とても。

いわば「究極のシュミレーション装置」なのです。
本物だと信じることで遊べる、究極の「バーチャルリアリティゲーム」なのです。

関連記事

  1. ゆめのたね ラジオ『はなのたね』収録しました。

  2. サクヤネットと名付けました。(2017年4月メルマガより)

  3. 『見えない世界との絆』

  4. 【そもそも飲むものだとは知りませんでした。】

  5. ラジオ『はなのたね』2021.4月音声

  6. そもそも飲むものということを知りませんでした。

  7. 量子の世界は昔から説明されていました。(2017年4月メルマガより)

  8. 催眠術ワークショップやるよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。