【好きなこと好きな仕事】
        フラワーエッセンス、TimeWaver、苫米地式認定コーチ                   和樂神樂さいとうさよこのブログです。
すべての投稿

もっと早く知っておけばよかったマインドの話。

ブログをご覧いただきありがとうございます。
齋藤佐世子です。

昨日は東京にTPIEのファシリテーターコースを受講しに行ってきました。
学べば学ぶほどいいプログラムだなーと思うのです。

7月からはコースができますので
興味がある方はお声がけくださいね。

TPIE(Tice Principles In Excellence®)とは?

TPIジャパン公式ホームページには
TPIE 世界トップレベルの成功のための自己変革プログラム
と書かれています。

▼ 全世界60カ国以上(23言語)において650万人以上が受講
▼ NASA、米国国防総省(陸海空軍・海兵隊)をはじめ、連邦政府諸機関が公式採用
▼ フォーチュン1000社の50%以上が採用
▼ 米国各州政府、全米の警察、刑務所、小中学校、大学が教育プログラムに公式採用

本部はTPI
日本は苫米地英人博士が率いるTPIジャパンがあります。

創始者はこの方

Loe Tice(ルー・タイス)

1935年、米国ワシント州シアトル生まれ。
シアトル大学卒業後、ワシントン大学で精神保健科学の研究で教育学修士を取得。
著書「可能性を引き出すスマート・トークと 結果を出すパーソナル・コーチング(Smart Talk for Achieving Your Potential and Personal Coaching for Results)」は、国際的に高く評価される。
高校教師ならびにフットボール・コーチとしてキャリアをスタートさせ、 その後、人間が成功するための心の仕組みを研究し、コーチングのメソッドを確立。
認知心理学や社会学習論の最新の研究を、誰もが理解し利用できる教授法として展開。
個人と集団の可能性を最大限に引き出す卓越した国際的指導者として、 各界のリーダーやトップ・アスリートから衆望を集めた。2012年4月逝去。
(※公式ホームページから抜粋しました。)

ゴールを大きく持って世界平和やアスリート育成にも貢献していて
本当にすごい人ですね。

そんなにすごい方なのですが
35歳まで高校教師で給料が月1100ドルで
自分の生まれた街から出たことがなく
飛行機にも乗ったことがなかったんですって!

全てはマインドの使い方を知ってから、実現したのですって。

どんなプログラムなの?

「TPIEディプロマ認定コース」
(私が今学んでいるのは、このファシリテーターになるためのコースです。)

2日間で21Unitを学びます。
ルー・タイスのビデオを見ながら進めていきます。
いろんな体験ワークやディスカッションもあり、気づきが多いコースです。

この21Unitに関してはそれぞれ、話せる範囲でブログに書いていきますね。
(コースを受講するときには秘密保持契約書を結びます)

Unit1 TPIEの世界へ
Unit2 スコトマとRAS リアリティを見えなくするもの
Unit3 情動記憶があなたをつくる
Unit4 人は過去に生きている
Unit5 自分を過小評価していないか
Unit6 セルフ・トークで自己イメージを高める
Unit7 コンフォート・ゾーンは自己イメージが決める
Unit8 他人の言動を選別する
Unit9 ハイ・パフォーマンスを実現
Unit10 エネルギーと創造性の源
Unit11 現状を超えたゴール設定
Unit12 公式「I×V=R」イメージの再構築
Unit13 現在のビリーフが未来をつくる
Unit14 ゴールを先に認識はあとから
Unit15 Have-toはしないWant-toのみ
Unit16 イエス アイム グッド
Unit17 未来の記憶をつくる
Unit18 新しい自分
Unit19 ゴールの再設定
Unit20 ゴールにはバランスを
Unit21 夢のさらに先へ

なぜこのコースを受けたのか?

このブログを読んでくださった方は
私が苫米地式認定コーチであることをご存知かもしれません。

苫米地英人博士はルー・タイスの後継者なんですが
今までルー・タイスのプログラムを受けたことがなかったので
一度受けてみようと思いました。

それがPX2というプログラムです。
PX2は
学生・教職員・保護者・教育関係者・医療従事者・社会福祉従事者・
スポーツ関係者・コーチング関係者、
を対象に行なっているプログラムで
TPIE をより若者に向けて作成したものになるのですが、
まずこちらを受講しました。

順番を追って進んでいくプログラムは非常によくできていて
参加するすべての方が気づいていきました。

それは私も例外ではありません。
グループでやるからこそ気づくことも多いです。

私が無意識に持っている
みんなと意見が違うからどうせわからないだろう
(これってまさに青い嵐の性格なんですけれどね、、笑)
という気持ちが揺さぶられるんですよね。

これこそ私が環境(自分の周りの人)に対するマインドでした。
コンディショニングといいます。
コンディショニングという概念は今までもわかっていたはずなのに
コースを受けながらグループでやっていくことで
大きく気づくことができたのです。

終わってすぐに
TPIEの方も申し込みました。

ちょうどいいタイミングだったと思います。

なぜファシリテータをやりたくなったのか。

このコースはファシリテーター様式を採用して進めていっているのですが、
私は何よりそれが素晴らしいです。

なんでかっていうとね、
実はコースを受けたときには25人くらいいらっしゃたのですが、
いろんな受講生の方がいらっしゃいます。
ファシリテータの方が質問された内容と
毎回違う発言をされる方がいました。
ファシリテーターさんは辛抱強く話を聞いていて、
本当に立派でした。

最初はそれが本当にすごいな、と。

そのかたはその後もずっとそんな感じでした。
しかしUnitが進む中で
周りの人もフォローしたりしながら進むことで
とても調和されいい感じになってきたのです。

言葉で表すのは難しいのですが、
シュタイナー教育の言う
皆が調和する感じとはこれなんだな、と思ったんですよ!

世界が調和されると神聖幾何学のように美しい!
それを垣間見る瞬間でした。

 

本もあります。

TPIEに興味を持たれた方
まずは詳しく知りたいという方
本もあります。


コンフォートゾーンの作り方【聴くだけで目標達成できる!CD付】
~図解TPIEプログラム~ 

この本の内容まではお話しすることもできますので
質問があったらなんでも聞いてくださいね。